FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

WM8-2「王と道化師」──後編
 伝説はたしか、こうはじまった。
e0007222_15433957.jpg

 ……そして今、この地に願いの星が生まれ落ちた……
 ここに始まるは、その星がつむぐ、
 それはそれは永い物語である……。



   ※※※WARNING※※※
 ※ウィンダスミッション8-2のネタバレです。
 ※さぁいよいよ本格的にキモくなってまいりました。
 ※・・・ていうか・・・うわぁ・・・マジやばい。これ。キモい。宗教?
 ※逃げろ!!悪いことは言わん、引き返すのじゃ!!



 
 




 
 「おにいちゃん!」

 闇牢の扉が開いたとたん、アプルルたんは駆け込んだ。

 「なんだ……おまえか……。
  いや、夢か?」

 院長。
 意外だった。
 もっと、毅然と、何ともないような顔をして座ってると思ってたのに。
 闇牢の力がどんなものだったのか、今さら、はっきりと悟る。

 と、同時に。
 院長のこれだけの言葉に、なんだか、胸が締め付けられた。
 苦しいんじゃなくて、うーん、なんだろう。
 安心とか、うれしさに、似てる。ちょっと違うけど。
 院長が助かったことに、じゃない。
 衰弱した意識のなかで、院長は、アプルルたんの「夢」をみた。

 いつも他人のことなんか何も考えないで
 そして 自分のことさえも全部置き去りにして
 ひたすら「ウィンダスの未来」のために進みつづけてた院長。

 でも、たったひとりの家族。
 それはまた、院長のなかでも大切なものだったんだ。
 そしてきっと、今はない失った家族も。


 ・・・て、そんな感傷はあとから振り返って思ったこと。
 実際はすぐに

 「なんだ?なにか不思議な力を感じるぞ……。
  おまえ、何を持っているんだ?」

 院長は立ち上がって、こちらを見た。

 その目はでも、私を見てはいない。アプルルたんのことも今や見ていない。
 見つめる先はもうただひとつ、蘇った神々の書。
 そして、その先にある「ウィンダスの未来」。

 思えば、このときに私は確信したんだ。
 ああ、院長は助かった。
 もう、心配はいらない。



 この後の展開に、周りはみんな私のこと(主に脳とか)を心配したらしい。
 どえらぃことんなってるんぢゃーって。

 でも、私は平気だった。
 自分でも不思議なくらい。
 
 「心配はありませんことよ。
  なんていったって、
  彼は、わたくしが育てあげ叩きあげて生き残った魔道士。
  ちょっとやそっとじゃ、くたばりませんわよ!」

 シャントット様の高笑いと同じくらい、私にも確信があった。
  院長は助かった。
  心配はいらないんだ。

 奇妙なほどに穏やかな気持ちで、あちこちに報告にまわった。

e0007222_16354090.jpg
「おにいちゃんを助けてくれたご恩はずっと忘れません。」
80000ギルを手に入れた!


 ・・・ってはちまんぎる?!!!Σ((( ゚Д ゚;))))
 いいんかそんな大金?!!!

 「この金、どこから出たんやろ。」

 モソクがぽつりとこぼした。
 え、えぇっ まさか 手の院予算じゃないよね?!!Σ(´д`;)
 ボイゾが・・・ボイゾナイゾがまた怒るー!!!!

 ・・・とあわてて様子伺いに行ってみたところ

 「大変なことになったぞ・・・
  このままアジドマルジド院長の目が覚めなかったら、
  アプルル院長は牢破りの罪だけじゃなくて、
  人殺しの罪まで着せられちまうかもしれない・・・
  いや、待てよ。
  あのときアプルル院長と一緒に闇牢を破った冒険者がいたらしいから
  そいつに全部罪を押しつけちまえば・・・」
e0007222_16403246.jpg
ちょ、やめて ナニソレ

 


 天の塔。
e0007222_16515880.jpg
 「むっ!
  なんだか、怪しいのなの。クピピと目を
  合わせないようにしてる気がするなの……。
  うーん、星の神子さまも、
  セミ・ラフィーナさまも、ずっとそんな感じで
  天の塔は雰囲気わるいなの。クピピは困ったなの。」

 上層部、不祥事を隠蔽しようとしている模様。




 最後に、院長のことを
 おそらく 国中で一番ほんとうに心配していたであろう、この二人にも報告を。
e0007222_1655770.jpg

 「我らが院長の容態ですが・・・・
  身体に異常はありませんでしたが、心がなにかに
  捕らわれている様子でした。
  ・・・・・・シャントット博士とアプルルさんがついているならば、
  心配ないでしょうが・・・」

 クロイドモイドのこの、いつも言葉の端々にあらわれるさりげないシャントット様への崇拝がずっと気になってます(*´Д`*)

 「アプルルさんとシャントット博士から聞いたよ。
  アプルルさんと君は、危険をおかして、
  院長を助けに行ってくれたんだってね。
  どんな目にあってもいい、僕も手伝いたかったよ。
  だって、僕、院長のおかげでここにいることができるんだもの。」

 【えっ?!】ハックルちょっとまって、それってまさかやっぱr





ひととおり報告を終えて、空を見上げる。
e0007222_16585089.jpg
今宵は満月。
ウィンダスはコンクエ一位。
私の心も、まるく、白く 穏やかに澄んでいる。

[PR]
by miyapin-rdm | 2005-11-15 17:04 | みやぴん | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://miyapinrdm.exblog.jp/tb/1866027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from タルタルサッシュ at 2005-11-27 22:16
タイトル : 黒マンドラ帽子( ̄▽ ̄〃
▽星空の下のマンドラ・ダンス... more
Commented by さしゅ at 2005-11-15 21:20 x
見事な〆ですな。
アプルル,いいのか財政難の手の院院長がそんな……。
そのタル女は金を出してでも,闇牢を破ろうとしたはずだぞ~!
私はネタバレ全然気にしないので,大丈夫です(前のレスのレス)。
シャントット博士のセリフが……生き残った魔道士って……期待通りだw
いつか自分で確認してくるぜ♪
Commented by miyapin-rdm at 2005-11-16 01:56
この日、報告を終える頃にちょうどコンクェスト結果が発表されて、
そんで外でたら本当に偶然口の院の真上にきれいな満月で。
なんかもう、すっかり良い気分で眠りにつくことができました(´∀`)b
ええ、お金なんてね、いくらでも出した。属性杖売ってでも払ったw
・・・けど手の院に負けないくらい私も貧乏っこだからもらったもんはもう返しませんぜー( ゚Д゚)y─┛~~
ネタバレ気にせず読んでくれてありがとうw こんなキモい記事をちゃんと読んでコメントしてくれるのはさしゅさんくらいなんでほんと感謝でございます。
<< エトセトラ WM8-2「王と道化師」──前編 >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.