FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

こっそりジルオール
 そんなわけで、最近浮気しているのが日記にもちらほらにじみ出ているジルオールインフィニットのお話ですヨ。旧作のことは全然知らなかったのですが、リメイクにあたってあちらこちらで「戦闘ぬるい、ダンジョンしょぼい、しかしストーリーとキャラが超最高」という噂を聞いてはこのワタクシがじっとしていられるワケはない!! ・・・ととうとう飛びついてしまいました(ノ∀`*)
 
 んで実際やってみてこのゲーム、本気でぬるいです。どのくらいぬるいかって、もうゲームとして成り立たないレベル
 フィールド上で敵と接触するとバトル画面に切り替わるロマサガ方式なわけですが、1戦闘終わると10秒くらい自分が透明になって他の敵をすり抜けまくれる安心設計。

「ナニそれ 当然ロマサガみたいにフィールド上には敵がいっぱいいて
 それら全部がこっちみつけると 
 自分より速い足であり得ない遠方からも襲ってくるんじゃないの?」

出たなロマサガ中毒のうちのモソクめ。
 そんなんじゃないんです。まぁ戦闘回避のためにインビジにあたる魔法もあるんですが、ぶっちゃけ敵がとろくてまばらなのでインビジなしでもだいたい余裕ですり抜けられます。
 あと、少ないターンで戦闘を終わらせるとボーナスがもらえるのですが、そもそも1ターン以上戦闘がかかることはまずない。

「あ それはある意味ロマサガと一緒。
 ロマサガも1ターン目で倒せなかったらまず殺されるからリセット。」

だからロマサガじゃないっつってんだろ あれはスーパーファミコン版でクリスマスに買ってもらったのに恐竜の洞窟の一番奥に詰まって恐竜が出口ふさいだ状態でうっかりセーブしちゃってもうイヤんなって止めたんだよ二度とやらねぇ。あとタイニーフェザーの山から降りられなくなったりもうイヤな思い出ばっかりなんだよほっといてくれよ。
 こほん。・・・んで、ジルオールなんですが。
 最初からついてきてる脳筋にちょっとWSみたいなの覚えさせたら80%の戦闘はほぼこいつの一発目で終了。まだ序盤なんで敵が弱いだけという可能性も1mmくらいありますが、どう考えても敵の成長より自分のレベルアップのが早いのでそれはないでしょう。
 ダンジョンや宝箱の危険やアイテムはどう危険で捨てるためにどーしなきゃいけないか入手前に確認表示がでるセーフティーサービス付き。ダンジョンもやたらぬるいです。とはいえ、一度低レベルで奥まで行き過ぎて全滅してしまい、セーブしてないしどーしよ、と心配したのですが

「いや、あり得ない。
 セーブしてないってことがそもそもあり得ないからロマサガでは」

うるさいから君。サイレス><モソク>。

「@まひ」

モソクさん黙って^^; てかまひじゃないし。
 まぁとにかくですね、PT全滅して、セーブしてなくてどうなることやらと心配したら、何事もなかったようにその場で全員HP1で復活しました。しかも敵に絡まれない透明状態でという安心設計。ちなみに、敵が強すぎてかなわないと解った時点で逃げようと思えば100%逃げれる(たぶん)のですが、逃げた直後も透明になってますんで、超強い敵にさらわれた人質を救出しようとして発見されてバトルになっても、逃げる→透明になる→モンスターの後ろの人質に話しかける→エスケで脱出→クエストコンプという驚きの展開

モソクのチャクラ!! →静寂状態から回復しました。
 「なにソレ そんなん面白いの?」

面白いんです!!イイんです!!!!
なにがって、キャラクターが!!!!!!!
 実はまだほんと序盤で、ストーリーと言えるとこまですすんでないんですが、逆につかみだけでコレってどうよどうしようという魅力あふれる世界。プレイヤーをめぐってほんとに沢山の人間関係がつぎつぎと出てきて物語が展開していくんですが、その見せ方もすごい練られてるし、キャラがほんと、みんな個性があって嫌味でなくてものすごい生き生きしている。うん、ストーリーというより、テキストの勝利でしょう。素晴らしい。
 仲間にしたキャラクターには、ドラクエのようにところどころでクエに関する意見を聞いたりできるわけですが

 脳筋(セラ)「俺なりの意見は言うが、どうすべきかは自分で考えろ。」
 女王様(フェティ)「知らないわよっ!なんでこの高貴な私がアンタたち下等生物のことを考えなきゃなんないのよっ!」

すげー使えねーー
 今回のスタートで最初に出会った二人はこんなんで、その後唯一会話のかみ合う好青年(ナッジ)が仲間にはいったんですがいい人すぎてなんかつまんないんで仲間からはずしちゃったらもうPTは無法地帯。最高。
 しかもこの仲間たちがですね、装備を替えようとすると

 僕女(エステル)「えっ・・・ボク・・・そんな重い剣持てないよ・・・」
 脳筋(セラ)「俺は胸当て以外つけるつもりはない。言いたいことはそれだけだ。」

アホかーーーΣ(゚д゚lll)━━ !!!!!
 なんかもうわがまま放題
「ゆうしゃ は その けん を そうび できない」とかいうメッセで済ませないあたりに、このゲームの真髄を感じます
 というわけで大変に楽しいのですよジルオール。伝わってないと思いますが
 しかしまぁ、私の場合ミイス村スタートで、最初にいきなりセラ(ウホッいい脳筋)とフェティ(初対面でシャントット様笑い!!)の洗礼を受けたからこれだけはまったというのもあるのかもしれません。はじめに出会ったのがいきなり変な妹萌え兄ちゃん(ツェラシェル)とかだったらさすがについてけなかったかも。
 そうそう、女主人公でプレイしてるんですが、こいつの動きがやたらヒュム♀ちっくなのも見所(か?)。走りだけなぜかエルメスだけど。
 とゆーわけで、みなさん!!ジルオールインフィニット絶賛発売中!やろう!!ジルオール!!
 
「まぁ 僕はロマサガやるけど」

ハイハイ。
[PR]
by miyapin-rdm | 2005-07-14 17:32 | ほか。  | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://miyapinrdm.exblog.jp/tb/195344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< あなたの知らない(かもしれない... ルーと行商人 >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.