FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

火の部族 (後編)
ジャリダペティで古墳探索にNew Challenge!
e0007222_22414477.jpg
Lv.55になりました。




 AFクエを始めた頃は40代だったはずなのに気づけばあっという間にこんなレベルに。現代ヴァナの経験値大判振る舞いのおかげでももちろんありますが、それにプラスして古墳に来てから無駄に3日間くらいあっちのスイッチこっちのスイッチ押したり閉じたりうろうろまごまご迷子になりながら修行を重ねた故でしt ひとりじゃ通路開けれないなんて忘れてたよ!!


まあそこもソレはその現代ヴァナの大盤振る舞いのおかげで
e0007222_22524133.jpg
ひとりでも解決できる魔法のアイテムをウィンダスにて仕入れ。
しかしあのチェック厳しそうな院長の目を
これでホントにごまかせるのか?


ともあれおかげでやっと目的地に到着。
e0007222_22575675.jpg
・・・・・・名前、あった。

この区画に葬られた死者のリストに、
シウ・ベフラティ(Syu Befrathi)と彫ってある。


e0007222_22591775.jpg
  Shikaree M:罪人の娘の名が、そこにあったのですか?
   彼女の葬られた場所へ行ってみましょう、Miyapin。


 ってねェあんたねェ!
 キミの用事で来てるんだから今頃インビジ解いてないで途中手伝ってよ!
 いやまあ戦闘とかはこの際もういいからスイッチ押すのくらい手分けして手伝ってよ!!ひとりじゃできないんだよ時代が時代なら詰んでたよ?!!!


 と問い詰めたい気持ちでいっぱいになりましたがこちらの話は一切聞いてくれないのが仕様です。
e0007222_2324990.jpg
  Shikaree M:・・・・・・。
   確かにここに葬られたようですね・・・。

  Shikaree M:あら、これは・・・・・・。
   双子石のピアス?死んだ娘のもの・・・・・・?


 残っていたのは、双子石のピアスだけ。
 でも、罪の臭いを蟲が追ったから、確かにシウ本人なのだろう。
 あの時、手を振って別れてから・・・ここに眠ることになってしまったのは、本当だったんだ。


  Shikaree M:さすがに死体そのものは残っていませんが・・・。
   これで十分・・・・・・。
e0007222_2371713.jpg
 しつこいこの人もやっと満足してくれたようですがちょっとそれ足元よく見たら全部人骨ですよね?!!砂利とかじゃなくて!そこ漁ってピアス拾ったり死体捜したりしたんですよね?!!!すごいですね!!

 罪狩り、思ってたよりずっと大変なお仕事です。

*****

 一仕事終え、ウィンに戻って族長さまにお会いします。
e0007222_2312428.jpg
  Perih Vashai:帰ったか。
   ・・・・・・罪狩りのミスラどのも。

e0007222_2313658.jpg
またきたー!!!!あれで十分じゃなかったのかよ!!


  Shikaree M:そこに罪人の娘が葬られていると聞き、
   エルディーム古墳という場所へ行ってきました。
   そこで、ある双子石のピアスを拾いました。
   皆の話を総合するに、
   これは、罪人の娘のものに間違いはないでしょう。

  Shikaree M:けれども確かめる必要があります。
   この片割れはどこにあるのです?
   母親が葬られた場所はどこです?
e0007222_23152459.jpg
  Perih Vashai:母親のなきがらを探し出すことはできなかった。
   しかし、オズトロヤ城の牢へ入れられたというならば、
   なきがらもまた、オズトロヤ城にあるだろう。

  Perih Vashai:オズトロヤの王は、
   最上階の広場で捕虜を戦わせていたという話がある。
   その戦いで倒れた捕虜は、大きな泉に打ち捨てられたとか。


 グ、グラディエーター!!!
 シシュ様エグいことするな!!
 しかも回想見てると「捕虜」ってミスラばっか!
 女同士を争わせその闘いを高見する女君主!!こわい!
 おんなのせかいこわい!

 思わず背中が冷えてるところでそのおんな代表の人がまた
e0007222_23185154.jpg
  Shikaree M:では、その役目はまたおまえに頼みます。
   古びたピアスを見つけたら、すぐにここへ戻りなさい。


 なんて有無を言わさず強引な命令口調で
 だからもうホントおんなこわい!
e0007222_23204299.jpg
  Perih Vashai:申し訳ない、冒険者。

 っておんなのひとだけどドロドロしてないし常に会話が成り立つカンジのペリィ様が代わりに(何故)謝ってくれました。


  Perih Vashai:我らの戦士の中から、
   おまえに手伝いをつけたいところだが、
   天の塔の許可なしで、オズトロヤへ踏み込むわけにはいかぬ。


 あ、そうなんですか 
 やっぱオズってそういう許可とかいる系のところなんですか。
 いや許可なくがっつり踏み込んでる人稀にだがよく見るので魔晶石回想とかで。

 まあいいや、当然今回もその方に同行していただきますが
e0007222_23123186.jpg
天の塔にはナイショでお願いします闇牢ダメ絶対。


 というわけでいざ、オズ城へ。目的地は上階の泉ね。


  Perih Vashai:シウ・ベフラティの双子石のピアスに合う
   古びたピアスは、そこにあるだろうが・・・・・・。
   探し出すには、狩人としての力が必要になるだろう。


 あ、なるほど!
 スカベンジしろってことですね。ご助言ありがとうございます。
 こーいうのちゃんと教えてくれるあたり、初期クエはホント親切設計で好き。

*****

 で、オズです!
e0007222_23272193.jpg
 最近はコルモル博士が準レギュラーメンバー。
 スナップくれるのがうれしい。

 リーチが跳ねる泉に埋まって
e0007222_23284690.jpg
スカベンジ!一発で拾えました。


*****

 またまたウィンに戻って、拾ってきた古びたピアスを差し出します。
e0007222_23303985.jpg
  Shikaree M:見つけ出したのですか・・・・・。
   確かに、シウ・ベフラティの双子石のピアスに
   ピタリと合いますね。

 
  Perih Vashai:驚くべきことだ。
   腕が立つ冒険者だと噂になるだけのことはある。


 へへ、ペリィ様に褒められちゃった。うれしい。
 
 ・・・けど、あの親子の末路は、これではっきりしてしまった。
 哀しいけど、これが、結末。

 ・・・かと思いきや、罪狩りさんは別件もちだしていちゃもん続ける模様。
e0007222_23345742.jpg
  Shikaree M:正直に申し出るべきです。
   やはりあなたは、光の弓を隠していますね?
   あの名弓に魅入られましたか、ペリィ・ヴァシャイ。


 20年前の大戦、オズ城で、ペリィ様は光の弓を使ったという。
 捕虜を助け出したのはそのときのまばゆき光だったとか。
 ・・・そんな噂は、私も耳にしたことがある。
 目には、まだしてないけれど。


 その噂について、ペリィ様は何も語らない。
 ただ、光の弓に対しては、これだけ言っていた。


  Perih Vashai:あの弓が我らにもたらしたのは、
   死と不幸と悲しみだけであった。
   それもすべて、この大陸から始まったもの。
   年寄りたちが「忌むべき陸地」と呼び、渡ることを拒んだ
   この地から始まったものなのだ・・・・・・。


 そうだよね。
 すべてのはじまりは、ヨー・ラブンタ。
e0007222_23385253.jpg
 北方調査隊に参加したのは、傭兵として。
 国家の威信を背負ったり、自身の探究心を抱えた他の参加者とは違う、
 あくまでドライな仕事感覚だったはず。

 そこで魔石と出会い持ち帰ったのは、単なる好奇心か。
 本来そこには組しない自由な立場にいたはずなのに、三国の睨み合いと、他の参加者の軋轢と――それとおそらく、石のもつ魔性の力に、気づかないまま翻弄されて。

 とにかく事実として、この大陸からミスラの地へ、魔晶石が渡った。
 そして、火の部族を狂わせた。
 たくさんの命を奪い、ヨー・ラブンタ本人の命を奪い、
 あの親子の命を奪い、
 ・・・・20年前、オズ城で最後の光を放った。

 そのときだけは、多くの捕虜の命を「救った」の?
 何故、ペリィ様は黙したままなんだろう。
 
 ・・・それは、たぶんこれから目にする物語。

*******

(※以下、過去ウィン連続クエストネタバレです)



 現代で狩人絡みのこの話を追ううちに、レコの「罪」も理解してきた。
 レコ本人が何かしでかしたんだと思ってたけど、そうじゃないのか。

  『罪人が償いを終えない場合、
   その罪の償いは子に課せられる』

 という罪狩りのルール。

  
  「10年前の、あの、彼女の息子か・・・・・・!」という、ペリィ様の台詞。

  「この弓にはちょっと縁があってね。」というレコの言葉。


 ・・・つまり、『母親』が罪を償わないままモンスターにやられたことで、その罪がレコに降りかかって追われている状況だったのか。


  「レコ・・・何をするつもりだ・・・・・?」と、ペリィ様は呟いていた。

 たしかに。
 レコが母の、そして自身の運命を狂わせたこの大陸へやってきた理由は何だったのだろう。過去ウィンダスの、ミスラ側の物語が、初めて気になりだした。


******

 ともあれ
e0007222_013630.jpg
帽子!!!!!!


 AFハンターベレーもらいましたかっこいいいいいいいい!!!!
 緑がウィン礼服にとっても合ってすごくすごくイイ!!うれしい!!
 赤AFのときはいっちゃんかっこいい帽子はいっちゃん後だったから、こんないいもん最初に貰えていいのかしらとびっくりするやらうれしいやら。返しませんよ!

e0007222_03428.jpg
  Kapeh Myohrye:「光の弓」は、南にある火の部族の弓だと聞く。
   その弓から放たれる矢は力強く、激しく、
   使い手の前に敵なしと言われた。
   しかし、どのように強い弓でも、
   我らの族長様が、その弓に手を出すはずがない。
   それはすなわち、狩人の義に反することだからだ。


 ・・・もしそれでもペリィ様が使ったというならば、
 義に反してもそれを使う必要があったからだろう。
 ホントに、一体、何があったのか。
 それはこれから真実を見に行くんだ。
[PR]
by miyapin-rdm | 2016-11-08 00:14 | みやぴん | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://miyapinrdm.exblog.jp/tb/24851907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2016-11-10 07:08 x
あれだよあれ
歴代口の院院長は、「自分が許可証なり!」なんだよw
だからオレは、どこに行くときでもシャントット様に同行願ってるし(違w

ストーリーの方はね~色々考えてみたけど
オレの脳みそのポテンシャルだとどうコメントしても、過去クエもAFクエも語ってしまいそうなのでやめておく!w
Commented by miyapin-rdm at 2016-11-12 22:16
pたん>
 ほんとにねぇ、口の院院長は代々性格がわる・・・もとい、唯我独尊で周囲を顧みないからねぇw
 どこに行くときでもシャントット様に・・・のコメントで、そういやサンニポバンニってpたんフェイスだったなとなんか納得したw

 狩人AF、一応完結しましたッ!!
 けど、今週は風邪っぴきでなかなかまとまった文章を書く気力がなかった~深い考察は頭がまわらないわ~書きたいんだけどね!
<< 断ち切らん、その鎖を(前編) 火の部族 (前編) >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.