FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

断ち切らん、その鎖を(前編)
みやぴんです。
e0007222_22355138.jpg
ザ・11月のヴァージョンアップ!

みたいな画像を載せてみましたが
相変わらず狩人AFクエのつづきです。




*****
e0007222_22383653.jpg
  Perih Vashai:・・・・・・?
   おまえの後ろから来るのは・・・・・。

e0007222_22393798.jpg
  Semih Lafihna:ペリィ・ヴァシャイ。
   ひとつ、聞きたいことがあるの。答えてほしい。


 罪人の娘の行方探しがひと段落したところで、
 ここからは、セミ様の自分探しの物語。


*****


 罪狩りミスラの来訪で明らかになってきた、光の弓とセミ様の過去の物語。天の塔に預けられ守護戦士となったミスラの子どもたちは皆、大戦時、オズトロヤ城の捕虜だったそうだ。


  Semih Lafihna:話を聞くと、皆、光の弓で助けられた記憶がある。
   ・・・・・・しかし何故か、私には、その記憶がない・・・・・・。


 本来、親を失った子は本国に帰すのがミスラの掟。
 そうせずに天の塔のタルタルに預けられたのは、光の弓の口封じのため?
 でも、セミ様だけは、そもそも光の弓の記憶がない。
 それどころか、自分の親の記憶も。


  Semih Lafihna:そして、おぼろげながらも覚えていることがある。
   戦争の時、私の双子石のピアスが
   つけかえられた覚えがあるの。それに・・・・・・
   私の過去を・・・・・・、
   なぜ、誰も知らない?


 ペリィ様からセミ様に与えられたのは、マウラのコゥ・レンバララコに会いに行けというヒントだけ。
e0007222_2250885.jpg
  Perih Vashai:できたらおまえも、彼女を追い、マウラへ向かってくれ。
   この長い物語を終わらせるためには、
   おまえの力が必要になるかもしれぬ。


*****
e0007222_22511122.jpg
というわけでマウラへ、ふたたび。


e0007222_2254268.jpg
  Semih Lafihna:Miyapin、何故、おまえがここにいる?
   これは私の問題、邪魔はしないで欲しいわ。


 あ、ですよねそうだと思います
 ちょっと土足でプライベート踏み込みすぎですよね
 多感なお年頃の娘さんに対して無神経だとは思うんですがだってペリィ様がついてけっt
e0007222_22572142.jpg
  Semih Lafihna:この双子石のピアスは誰のものなのです?
   族長から預かったものの、
   私の双子石のピアスとは合わない・・・・・・。


 あ、なんか存在無視して話すすめてくれるカンジになったので助かりました。にしてもこの図なんか殺人事件の犯人追い詰めてるみたいだな!
e0007222_22592696.jpg
  Koh Lenbalalako:それは、あなたが小さいときにつけかえられたもの。
   ・・・そう、あなたの、本当の双子石のピアスです。

  Semih Lafihna:・・・・・・!
   やはり、つけかえられた・・・・・・?


 セミ様の記憶は正しかった。
 シウを救うためにピアスをすりかえたってことは、
 セミ様がこれまでつけてたピアスはシウのだったということ?

 ・・・いや、ちょっとまった。
 前のクエで、古墳で見つけたシウのピアスは、
 オズ城で拾った古びたピアスとちゃんと合ってた。
 つまり、罪人ペアの双子石は揃ったわけだよね?


 オズからの捕虜奪還後。
e0007222_2392638.jpg
 ペリィ様は、罪人の娘は死んだと本国に伝え、彼女を逃がす決意をした。


  Semih Lafihna:そのために、彼女の身元を証明するもの・・・
    双子石のピアスを変えておく必要があったというわけね。


 なるほど。
 で、セミ様の母親が、自身のピアスをシウに渡した。
 

  Koh Lenbalalako:その時、念のために
   あなたのピアスも取り替えられたのです。


 ふむ。
 シウ=罪人の娘とペアになってしまわないよう、
 セミ様のピアスはダミーのものに付け替えたってわけか。
 とくに誰かと交換したというわけじゃないのかな。
 で、保管してたそのホンモノのピアスを、今回ペリィ様がセミ様に渡したと。
e0007222_23153254.jpg
  Semih Lafihna:・・・私の母のピアスを使って罪人を逃すなんて、
   許し難い行為だわ。
   それもすべて、その罪人が持っていたという「光の弓」のためなのね?

  Koh Lenbalalako:今となっては、私があなたに何を言っても、
   信じてもらうことはできないでしょう。
   ただ、言えるのは・・・・・・
   あなたがお持ちになった、あなたの本当の双子石のピアス・・・。
   その片割れは、北の地にあるということ。


 自分探しの旅、次の、そしておそらく終幕の舞台はザルカへ。
 ・・・ついて行っていいものだろうか?
 でも、なんかいろんな人に見届けることを頼まれるんだよね、ほらこんなふうに
e0007222_23185762.jpg
  Koh Lenbalalako:どうか、ゴールドピアスという物を、
   手に入れてくださいませんか?
   それは、とても良いものだと聞きます。
   それがあれば、あなたには、もう少し詳しくお話しましょう。


 金か!情報ほしけりゃ金目のもの貢げってか!!
e0007222_23203211.jpg
 で仕方なく貢いだら続き話してくれました;;;;;
 ゴールドピアス、競売で4まんぎるで買っちゃったけど
 この後ザルカ行ったらエミネンエリア目標クリア報酬でもらえた。はやまった!
 ザルカなんかもうさんざ狩りまくった気がしてたけど
 現代ザルカは復帰後初だった模様。

 
 ともあれ、コゥがもう少し詳しくしてくれたことには
e0007222_2323830.jpg
 20年前、ジュノへの行商がヤグ部隊に襲撃されたとき、実は、火の部族の族長だけが逃げのびてた。でも、囚われてしまった娘を救うため、自首同然でペリィ様の部隊に陳情。

e0007222_2325209.jpg
 ペリィ様の部隊はすぐさまオズを急襲した。「光の弓」を使って、捕虜たちを救い出して、でもたくさんの兵を失って・・・・・・


 って、ちょっと待った。


 これ、あの戦時中だよね。
 ペリィ様の部隊は、傭兵とはいえウィンダス軍の一翼として動いてたわけで。
 ・・・これ、独断行動?当時の軍事作戦的に大丈夫だったの?
 ペリィ様が率いてたのは、義賊や自由軍じゃない、軍隊だ。
 情にほだされて、子どもひとりを救うために勝手な行動したら全体が崩れる。
 ちゃんと大局の作戦と連動してたってこと?

 ・・・このへんは当時を見に行かないと、なんとも言えない。

 そもそもね、セミ様も「許しがたい」って言ってたけど、
 罪人の娘を逃がすのにペリィ様が加担したというのも。
 親の罪が問答無用で子に罹るミスラの罪狩りルール自体は、私も納得いかないけれど、でもミスラ族にとっては鉄の掟なわけで。その一族のなかで責任ある立場で、「逆らうことはない」とかしれっと言ってる族長様が、過去にそんなごまかしをしてたってのはすごく不信感。

 自分の目で確かめに行けば、納得できる答えがあるのかなあ。


*****

 ・・・と、とてとて気になる大戦時の真実の前に、
 セミ様個人の真実を知るために、北へ。
e0007222_23343650.jpg
  Semih Lafihna:Miyapin!
   何故、ここに?あなたまで来ることはないでしょう。


 あ、ですよねホントそうですよねホントすみません 
 うら若き娘さんのスーパーデリケートな個人的事情に踏み込み過ぎってのは重々承知しているんですがしかs
e0007222_23434217.jpg
  Semih Lafihna:ここは、恐ろしい地。
   1人では、隠れて進むのがやっとの場所よ。
   本来ならば、近づいてはならないとされた、
   この呪われた地に人がいるなんて信じられないけれど・・・・・・。

  Semih Lafihna:どちらにしても、
   ズヴァール城の近くまでは行ってみるつもりよ。
   あなたも気をつけてね、Miyapin。


 あ、なんか存在してても別に許すみたいなカンジで受け入れてくれたので助かりました。っていうかこの状況で「あなたも気をつけてね」とかセミ様やさしいな!マウラでは「何故、おまえがここに?」とか言ってたわりに!そしてその前ジャグナーでは「君が何故、ここに?」だったしなんか二人称もキャラもぶれすぎじゃね?多感なお年頃の娘さんってそんなものなの?いろいろぶれやすいの?優しくしてくれててもそのうち「逆らえば容赦はしない!」とか言い出しそうだから油断なりませんこの人。


 で、その「恐ろしい地」ザルカ。
e0007222_2349268.jpg
 ドキドキしながら進んでみたけどLv.60台突入してたんで案外怖くなかった!デーモンやアーリマンも楽でさくさく狩れちゃいます。やーちょっとここに至るまでに強くなりすぎちゃったかなーもうちょっとギリギリ感も楽しみたかったんだけどなーなんて余裕こきつつズヴァール城の近くまで行って目的地は

e0007222_23514466.jpg
洞窟ー!


 これね、ずーっとずーっと謎だったんだ!
 タゲれる???あるのにいつも特になんにもなくて
 なんだろうってずっと思ってたんだ!
 やっとここにきて!謎が!明らかになる!!!
 とポチッとなしたら
e0007222_2355884.jpg
とらがばーん!

e0007222_23554565.jpg
弓がばしゅーん!

!!! 狩人だ!


e0007222_23562983.jpg
 ってところから戦闘開始です。
 せっかくなのでセミ様フェイスにも共闘していただきました。
 なーにこちとら60台だしザルカも楽レベルだしSS撮りまくって余裕n

 あ、まってなにつよy
 あ、いた、まってちょ、このとらつよk

 HPバーがぜんぜん減らないのに気づいて焦り始めたけどまあしょうがない、時間かかっても持久戦でなんとかってああああれえええ?!!トリオン消えt

 って、あ、なにするのちょっとまtt
e0007222_23591537.jpg
 デーモンまtt 
 楽だけど そりゃ単体なら楽だけどいまは、ちょ、まt 
 やめt


e0007222_002113.jpg
ザルカバードは恐ろしい地でした。

あなたも気をつけてね。
(パーティメンバーはもういません)

[PR]
by miyapin-rdm | 2016-11-12 23:58 | みやぴん | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://miyapinrdm.exblog.jp/tb/24899910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風曜日 at 2016-11-13 00:59 x
お国自慢も度が過ぎると嫌われることは重々承知ですが、このブログはウィン優勢に違いないので言います。

オリジナルのウィンミッション、アルタナミッションのウィンルート、狩人クエ、罪狩りミスラ、フェンリル関連、スターオニオンズ関連。この辺の繋がりが最高かつ最高すぎて最高ですよね!!!
Commented by at 2016-11-13 09:41 x
さ~むい~よ、こ~わい~よ、だ~れも来ない~よ~♪
って感じで、適正レベルだと怖かったよね~ザルカ
そう言えば限界クエ「すべての高い山・・」とか、希望者だけだとフルアラでもきついからって専用LS作ってクリアしたよね~(遠い目

Commented by miyapin-rdm at 2016-11-13 22:21
風曜日さま>
 最高ですかーっ?!最高ですッッッ!!!!もう最高ですよね!!そこにもちろん黒AFと召喚クエ関連も混ぜてください本当に最高ですよね!!!
 クエやミッションを進めれば進めるほど、町の人の何気ない会話も「ああそういうことだったんだ!」と思い出されて、すべての世界が繋がっていく感覚がたまりません。とはいえやはり自分の趣味嗜好もありこれまで手薄だったミスラン方面が、狩人クエのおかげでぐっと深く味わえるようになったことがうれしくてうれしくて。噛めば噛むほど味がでる!このブログはご指摘のとおり間違いなく未来永劫ウィンダス支配です。
Commented by miyapin-rdm at 2016-11-13 22:25
pたん>
 限界クエ用専用LS!!そんな時代もあったんだ~。
 私がやったころはさすがに75プレイヤーもごろごろしてたからそこまでではなかったけど、でもそんな「お手伝い」さんがいても大人数で時間かけて周ってかつ事故多発wみたいな阿鼻叫喚だったなあ。
 その頃の思い出がキョーレツなので、やはり今でもザルカに行くとその歌が脳内に流れるよw
<< かりゅう道 火の部族 (後編) >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.