FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

断ち切らん、その鎖を(後編)
森の区、族長さまの住処の前。
e0007222_22193612.jpg
なんか吊り下げてある。貯蔵食?




*****

 さて!
 AF集めつつ各地で修行したおかげで狩人も60台後半に。
 これで勝つる!はず、と北方のとらにリベンジです。
e0007222_22224972.jpg

 で、結果は・・・
e0007222_23571760.jpg
し・・・辛勝!!


 なにこれつよいホントとらつよかった;;;
 前線の院長とトリオンが撤退し、セミ様と2人狩人ペアでなんとか削りきりました。ヨラン博士がお花出して祝ってくれてるよ!
 しかし、予想外に苦戦。未だにクロスボウボルトしか使ってないのも悪いと思うんだけどAFクエのNMって、AF適性レベルでもかなり手強いお手伝い必須な設定でしたっけ。忘れてたなあ。


 で、そのセミ様と洞窟のなかをのぞいてみます。
e0007222_22291587.jpg
  Semih Lafihna:こんなところに人がいるとは思えないけれど、
   少し気になるわね。
   この中から何かの気配がするような・・・・・・。

  Semih Lafihna:・・・・・・!
e0007222_2230038.jpg
う、うってきたー!!!!


e0007222_22312480.jpg
う、うちかえしたー!!!!!

どっちもいきなり攻撃あるのみです。
確認とか話し合いとかないのねミスラ。

e0007222_22323549.jpg
  Syu Befrathi:(・・・この矢、蒼穹の矢・・・・・。)
   (あなたは、ペリィ・ヴァシャイ様の使い?)

 
  !!!

 この名前。
 どこか知っている声が洞窟の奥から響く。

 ・・・生きていたんだ。
e0007222_22344687.jpg
  Syu Befrathi:火の部族ネヴ・ベフラティの娘。
   シウ・ベフラティよ。


 ああ、間違いない。
 この面影。
e0007222_22362312.jpg
 20年前のおかーにゃんにそっくりじゃないか。

e0007222_22412625.jpg
  Semih Lafihna:娘・・・!?
   娘は、20年前に病で死んだのでは?

  Syu Befrathi:ペリィ・ヴァシャイ様が手を尽くし、
   私を逃がしてくれたのよ。
   この地まで逃げ延びれば、罪狩りのミスラは追ってこれないと。


 ・・・なるほど、古墳の骨に埋もれていたのは、母親のネヴのほうか。
 そしてシウの双子石のピアスをつけかえたとき、
 外した元のピアスを、オズ城の池に捨てておいた。
 罪狩りともどもすっかり騙されてたよ、さすがペリィ様。
 みごと目くらまし成功だ。

e0007222_2237377.jpg
  Syu Befrathi:・・・そう、話はわかったわ。
   では、まずは光の弓の話をしましょうか・・・・・・。


 シウの口から語られる、すべての「真実」。
e0007222_22424938.jpg
ヨー・ラブンタの罪と

e0007222_22445069.jpg
それがもたらした悲劇。

e0007222_22451854.jpg
そして、火の族長が脱獄した本当の目的と、
・・・シウが、この地でひとり生きていこうと決めた理由。



 それから、もうひとつ。
e0007222_22472934.jpg
  Semih Lafihna:私が・・・・・・? 今、なんと?

  Syu Befrathi:これを持っていって。
   魔晶石を外した「光の弓」。
   罪狩りのミスラにこれを渡せば、おそらくすべて解決するでしょう。

  Syu Befrathi:それと、この双子石のピアス。
   それは、私が罪人の娘だとわからぬようにと、
   ペリィ・ヴァシャイ様がくださったもの。
   あなたの本来の双子石のピアスとあわしてみればわかるはず。

e0007222_22501030.jpg
  Syu Befrathi:あなたとあなたの母親に、私と私の母から、
   永久の感謝を。
   さようなら、セミ・ラフィーナ。


 20年前に出会い、ともに厳しい運命を辿ることになった、二組の親子。
 ・・・そう、親子だったんだ、やっぱり。
 この物語のはじまりで、セミ様に族長が渡した「古びたピアス」が本当のセミ様のピアス。そこから長い探索を経て、この地で双子石の片割れと『再会』した。そのときに、シウが借り物のピアスをセミ様に返すとわかっていたから、コゥ・レンバララコは代わりにとゴールドピアスを手紙に託したんd

 ってそういえば手紙渡してないよ!?

 とくに言及されなかったけど一応渡したことになってるのかな?と確認したら だいじなもの に残ったままでした。どうすんだこれ。


*****

 ウィンダスの族長さま宅へ戻るとまた罪狩りが来てました。
e0007222_22563743.jpg
 光の弓を渡し、魔晶石も北の地へ戻したことを報告するとご満悦。


  Shikaree M:今回は、あなたには色々と世話になりましたね。
   いえ、冒険者には礼の言葉などは無意味でしたね。
   さぁ、これをつかわせましょう。


 ラストAF、ハンターソックスもらいました!
 ・・・って狩AF、弓以外はぜんぶこのひとからばっかもらってるなー。
 ペリィ様がくれるんだと思ってたのにぃ。
 や、まあもらえるんだからどっちでもいいっちゃいいんですが
 なんつーかこのMさん冒険者に対して所詮報酬で動く卑しき輩と思って見下してる感がバシバシと


  Shikaree M:それは ハンターソックス。
   あなたの狩人としての腕前に敬服し、それを与えます。
e0007222_2321720.jpg
 ほらね。
 そんな上からじゃなくてフツーにお礼言ってくれていいんじゃよ?

e0007222_2334212.jpg
  Semih Lafihna:・・・随分あっさりと帰っていくものね・・・・・・。

  Perih Vashai:・・・うむ、もしかしたら、「光の弓」を砕くことが、
   あの罪狩りのミスラの役目だったのかもしれぬな。


 罪狩りが去ったあとは、『親子』の対話。
 真実を知り、真実が伝わったと知ったあとで初めての、ぎこちないはじまり。


  Semih Lafihna:・・・・・・。今、わかったわ。
   ペリィ・ヴァシャイ、あなたはあの弓をひいてその光を失ったのね。


  Perih Vashai:そうだ。
   あたしはあの弓の力を見た。
   だから、自ら目を閉じたのだ。
   何も見えぬ世界では、何も欲しくない。何も怖くはないからね。
e0007222_2375738.jpg
 大戦時、光の弓の強い力がどうしても必要だった。
 ペリィ様は族長の責としてそれを用い、心が闇に囚われる前に、目を閉じた。
 今後何にも心乱されず、何も欲しないために。
 ・・・一番心が惹かれ、縛られ、離しがたい存在である、子を捨てた。


  Perih Vashai:しかし、そのために
   おまえが歩むべき道をゆがめてしまったのだ。
   あの娘を助けるために、私は我が子を死んだこととした・・・・・・。


 当時セミ様は、まだほとんど記憶がないくらいの幼子。
 本来なら、族長の娘として庇護され敬われ、ほかのミスラたちとともに自然の声に従い自由でのびのびとした狩人修行ができたはずなのに。大戦後は狭い塔のなか、拠り所が無く、同族から白い目で見られる育ちを余儀なくされた。

 その、セミ様の口から出た言葉。
e0007222_23181140.jpg
  Semih Lafihna:・・・・・・。
   あなたのことを尊敬するわ、ペリィ・ヴァシャイ。
   私があなただったら、それができたかわからない。
 

 族長として、光の弓の力に打ち勝ったペリィ様を、素直に認められた。
 成長、だよね。
 セミ様の態度はずっと、無意識の反抗期だったんだよね、やっぱ。

 自らの前にある壁の大きさを認めることで
 乗り越えるための一歩を踏み出せる。
 セミ様は、いま確実に前進したんだ。
e0007222_2322937.jpg
  Semih Lafihna:・・・・・・ペリィ・ヴァシャイ。
   あなたを恨む気持ちはまったくないわ。
   自然の声に従うことが、私たちの務め。

  Semih Lafihna:あなたには、また、会いにくるわ。
   それまで、お元気で。


 「恨む気持ちはない」と断言したセミ様。
 ・・・とはいえ、すべてのわだかまりが一瞬で解けるわけない。
 こんな結末はあっさりしすぎてる?
 
 ううん、でもまだ完全な雪解けじゃない。
 「ペリィ・ヴァシャイ」とあえてフルネームで呼びかける、突き放した態度は変わらない。
 けど「また会いに来る」。
 いつかはわからないし、頻繁ではないだろうけど、心の整理をしていくことをセミ様は決意したんだ。


 こうも、一見カンタンにセミ様が前を向けたからといって
 このお話が安易な予定調和だなんて思わない。
 セミ様がすぐに胸を張れるのには、ちゃんと理由があるもの。
 ペリィ様は「歩むべき道をゆがめてしまった」と言うけれど、
 セミ様にとって、天の塔で使命を受けて育ち、守護戦士として歩む自分の道は、きっと、間違いなく誇らしいものだから。


 そういうとこ。
e0007222_23311488.jpg
やっぱ確実に
e0007222_23313641.jpg
このふたりは、親子なんだと思う。



*****
e0007222_23362175.jpg
  Koh Lenbalalako:セミ・ラフィーナ様は、
   ご自分の母親が誰なのか、おわかりになったようでしたか?
   こればかりは、私が一言教えれば済む問題ではありません。
   20年もの年月は彼女の心に、幾重もの鎖をかけたことでしょう。
   それを1つずつ解くためにはやはりそれ相応の年月と、
   自分で鎖を解こうという意志が必要です。
   ・・・・・・そうは思いませんか?


 うん、思う。
 自分の意思で辿る物語。
 自分の意思を、貫ける人たちの物語。

 狩人AFクエスト、素敵でした。



+ + +  お ま け  + + +

だいじなものに残ったまんまのコゥさんからの手紙
結局気になったので後日もっかい洞窟行ってみたら
e0007222_23421155.jpg
シウたん まだいたー!!!

e0007222_2342351.jpg
出てきてくれたうえに氷の矢ももらいました。

ちゃんと渡せてホ。これにて一件落着。

[PR]
by miyapin-rdm | 2016-11-14 23:53 | みやぴん | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://miyapinrdm.exblog.jp/tb/24925565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たけち at 2016-11-15 08:47 x
こんにちは、長いこと見させていただいていますが、初コメントさせてもらいますね。
以前、偶然こちらのブログを見つけてからは、毎日楽しく見させてもらっています。
狩人AFのお話は、AFの中で一番好きなお話です。
今回沢山のSSとミヤピンさんの突っ込みコメントで振り返ることができて、とても嬉しかったです。
私は生まれはサンドなのですが、ウィンMとウィンクエストにノックアウトされてから、故郷を捨てて今に至っています(笑)
黒AFは3博士のコントだったし、ウィン最高ですね!
これからもひっそりと見守らせていただきますm(__)m
Commented by クルク at 2016-11-15 09:48 x
お師匠、狩人AFコンプおめでとうございます🎊

昔からずっと気になっていたクエでした。
ぺリィ族長とセミの関係は、「そうらしい」という情報をその頃から聞いてはいましたが、やっぱりそうでしたか。

おっきくなったシウの姿が見れて嬉しかったです。
罪狩りのあの人は、相変わらずなんですねぇ~(^_^;)

いつかクルクも、自分の物語として狩人AFクエを経験したいと思います(・▽・)ノ
Commented by miyapin-rdm at 2016-11-15 22:46
たけちさん>
 はじめまして!温かいコメントどうもありがとうございます、とてもうれしいです!そしてサンドからウィンへとようこそ!故郷を捨てての入国熱烈歓迎いたしますw
 狩人AFのお話本当に素敵でしたね。私の無粋なつっこみで思い出を汚してしまわなかったかヒヤヒヤしますが、あの、それはまあそれで、終わりよければすべてよしということで(すみません)。
 黒AFも楽しいし召喚AFも深い!ウィンダスはシリアスやってもコメディやってもホント最高で最高だからもう最高ですよねヽ(* ゚∀゚)/
 オノレの煩悩のままの偏執的なウィンダス称賛を撒き散らすためだけのブログなのに、掻いて見たら同じようにウィンダスを愛して味わって楽しんでいる方々がたくさんいることが次々と判明して本当にしあわせです。16年も経ってこんなに愛されるえふえふ、そしてウィンダスすごいですよね!
 ってなことばっかり書き続けるかと思いますが、引き続き生温かく見守っていただければうれしいです。よろしくお願いいたします('-'*)
Commented by miyapin-rdm at 2016-11-15 22:51
クルクたん>
 どもですっ ありがとう!ありがとうです(*'∇')ノ
 
 ネタバレなのに読んでくれてどうもありがとうございます。
 ペリィ様とセミ様の関係は「公然の秘密」ですよね。私も昔から確証はないけどなんか知ってたような聞いたことあったような。やっぱりそうか、と思いつつすっきり納得できるいいお話でした。
 
 成長したシウとの再会は私もうれしかった~
 これはやっぱ過去クエを先にやってたからこその感慨&特権でしょうね。逆だったらまた、「ちっちゃいシウだ!」って感動したのかもしれないけど('-'*)

 はしょってるとこもあるし、クエもいいけど狩人自体と狩人AFがかっこよくてたのしいので、ぜひぜひクルクたんもいつか経験してください!!
Commented by at 2016-11-15 23:47 x
ネヴとシウ、ペリィとセミ、ミスラ母娘の悲しいけど素敵な物語の完結だね~
過去ウィンクエを知ってからやると、そう言うことだったのか!ってなるし
知らないで過去ウィンクエを体験すれば、それはそれで鼻息荒くなるくらい興奮するんだろうね~w

だがここで!
納得できないミスラ母娘が・・・
ミーゴ母娘は、どうしてああなっているのか・・・
とても気になる!
後日談plz!!
Commented by miyapin-rdm at 2016-11-16 23:30
pたん>
 おかげさまで無事完結しました!
 過去ウィンクエ、知らないでやったから「光の記憶」はほとんど印象ないくらい薄かったんだ。唐突に出てきたこの親子なに?って。・・・でも、ちゃんとつながると「おおおおっ」って思えるねえ、さすがウィンダスの物語!!
 ミーゴ母娘のほうは、過去ウィンクエがぜんぶ完了したらまたぜひ妄想の余地を検討してみたいところですw
<< SM5-1 「廃墟フェ・イン」 かりゅう道 >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.