「ほっ」と。キャンペーン
 
 

FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

耳に残るはキミの。
 前のエントリがずっとトップにあるのが恥ずかしいので急いで書いた。 
 いや、だからと言ってこれが恥ずかしくないかといえば十分に恥ずかしいので上塗りっていうか上書き保存っていうか
 まあ黒歴史です。


       耳に残るはキミの。


   ※ウィンダスミッション8-1「ヴェイン」の前日譚です。
    というかそれだけです。以上でも以下でもありません。
   ※ネタバレを含みます。
   ※上記リンクはPixivへ。



 私的ライフワーク()だったウィンダス五院でそれぞれなんか妄想してみようシリーズ、耳の院にてついに完結です。耳の院にまつわる妄想は、他に比べてむずかしかった。セーダルゴジャルの情報なさすぎっていうのはもちろん大きいんだけど、それだけじゃなくって、ウィンダスミッションの中でもこの院だけ絡みが少ないというか弱いというか。本筋からちょっと外れた箸休め的なエピソードでしか登場しないんですよね。他の4つの院が軍事・研究・開発といった政治機能を持ち、ウィンミッションの鍵となる「過去の歴史」に強く関わる役割であるのに対し、耳の院=魔法学校は「教育」という一歩引いた立ち位置で「未来」を作る場だからというのもあるのでしょう。ミッション中では存在感が控えめとはいえ、コルモル博士はもちろん、現役の先生方もハイクラスの生徒たちも皆それぞれ個性的でそれぞれに魅力があって、とっても大好きなんですけどね。


 で、セーダルゴジャル。
 「学力・体力ともに申し分なく校長にふさわしい」「いつも生徒の幸せを考えていた」「コルモル博士と真逆の性格」「線が細くて神経性胃炎とか患っちゃうタイプ」といった断片的な情報から、真面目で押しに弱くて色々背負い込んで多方面に気を遣っちゃう苦労性、なイメージなのですが、でも実際にダボイで会って話した限りではウィンダス界隈によくいるノリが軽くて勝手気ままに自分第一マイペースなお気楽タルタルっぽいんですよね。・・・いやいやいや、でも、脱走も失踪も「だから僕はここから動けないし帰れないんだからネ!」な終始一貫した全力で逃げの姿勢も、ひとえにコルモル博士のアレなアレ加減がアレすぎたからであって、本来は実直かつ良心的な立派な校長先生・・・だった・・・はず!うん、知らないけどなんかたぶんそう!!
 ということにしといてください。



 そんなこんなでウィンミッションですでに語られてる話を冗長に敷衍しただけになってしまったこの妄想ですが、書いてるぶんにはとてもとてもものすごく楽しかった主に五院長+博士ズの会合が。もうね!!!本当にね!!!現代ウィンダスの五院長ズと博士ズがすごくものすごく本当に心の底から大好きでね!!!元老院会議とか五院長会議とか妄想してるだけでほんとご飯どころかなんなら酸素すらなくても生きていけそうな気がするレベルに幸せなのでなんかもうそのまま山に籠って妄想だけして三年くらい飲まず食わずののち即身仏として成仏できそうな勢いです(煩悩により成仏できない)。



 ところで実はこれ、大枠はけっこう前に書きなぐってあったもので、最後ルクススさんが他人事のようにあんなこと言ってますが、クエスト「同窓の輪」をクリアした今見てみると、そういうあんたこそコルモルせんせには大変お世話になったとかなんとか言ってたんちゃうんかと
 ・・・思わずつっこみたくなったけど、でもまあルクスス院長ってこーいういけしゃあしゃあと正論述べつつ我関せずをさらりと決め込むアイアンフェイスの持ち主だしまあこのままでもいいかとあえて修正しませんでした。私の中ではルクススさんはヨランオランと同じ立ち位置(かつそれでも絶対巻き込まれるヨランに比べて回避スキルバリ高だから余計タチ悪い)なイメージです。さすが私の鼻の院!あ、そんな素敵なルクスス院長が大好きだって話です。


 ともあれ、ひとまず五院巡り終わった妄想ごっこ、これにて一休み。
 次の機会があるならば、本当は過去12師団でそれぞれ妄想とかやってみたいんだけど、師団長以外の情報がなさすぎてこれまた難しいなー。あとは週刊魔法パラダイス編集部の話とか。天の塔の侍女さんたちの話とか。パンタくんとトゥーちゃんの話とか。その他もろもろ気になるものは山ほどあるのでリアルという名の山に籠もって妄想をする系の脳内無課金プレイに戻ります。それではごきげんよう。
[PR]
by miyapin-rdm | 2017-02-14 15:39 | 書庫   | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://miyapinrdm.exblog.jp/tb/25362135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風曜日 at 2017-02-15 22:52 x
うひょおおおお。モジジちゃんネタは、僕の大好きなウィンダスネタの1つです。じっくりねっとり楽しませて頂きました!ご馳走様でした!

もはや、これは愛。と呼んで差し支えないほどの、この世界への想いを綴るのは喜びです。黒歴史上等ですよね!(勝手な仲間意識)
Commented by miyapin-rdm at 2017-02-16 22:05
風曜日さま>
 ありがとうございます!本当にいつもありがとうございまっす!!

 愛です。アムールです。むしろアガペーです。
 大好きなこの国、もといこの世界への想いを綴り、同じようにこの世界を愛する人に読んでもらえたり、語っているのを読ませてもらえたりというのは、まさに至福ですよね。
 仲間意識うれしいです!これからも張り切って黒歴史を生産していきましょう!(嫌な誘い)
Commented by クルク at 2017-02-17 11:38 x
お師匠、こんにちは(・▽・)ノ

コルモル博士って非常に残念なアレなのに、コルモル先生だと非常に残念だけどいい先生ですよね★
モジジちゃん絡みの一件は、好きなエピソードです♪
脱走院長に会いに行った時、確かに、言われてるほど繊細!?って思いましたw
きっと、神経削りに削って、パーンって弾けちゃったんですね(^_^;)
でも、援軍が来るまで離れられないっていう責任感に縛られてるあたり、やっぱり損な性分ですね。
院長たちって、新旧比べると正反対ですね。
口の院に関しては、まぁ・・・ねぇw

最近、ジュノでチャママさんと会いましたが(カボスが)、あの人も謎な人ですよね。
若かりし頃は、相当な武勇伝がありそうに思いますが、どうでしょう?(何が)
Commented by miyapin-rdm at 2017-02-18 09:33
クルクたん>
 おはよーございまっす('∇')ノ
 うんうん、コルモル先生素晴らしいですよねぇ。
 コルモルは、破天荒で生活破綻してる変人には違いないけど、あの世代の博士ズの中で唯一・・・もとい、一番あったかい人間味にあふれてますよね。なんだかんだで許されちゃうし愛されてるのがよ〜くわかる。モジジちゃんへのピュアでまっすぐな想いもいいですよね!大好き!

 確かに、セーダルゴジャル仕事から逃げたのに結局仕事に縛られてるw やっぱ押しに弱いし貧乏くじ引いて投げ捨てられない(一回投げ捨てたけど)タイプなんでしょうかねえw
 しかしサンドリアひどいな!ヒトの国の要人15年間もこき使っといて未だに援軍派兵する気配もないし!きっとサンドミッションで何かしら語られるのだろうとワクワクしながら進めてみたけどそんなわけなかった時のガッカリ感。あの、いつまでも道に迷ってるえるヴァーンがいけないんだ!

 新旧院長、耳はともかく口と鼻は割と似たタイプ・・・と思ったけどそういや手が正反対でしたね、手がw 目の院は正反対というよりいろんな意味で全く別路線で比較不可な気がします('-' *)

 チャママさん、確か昔は冒険者だったんじゃなかったでしたっけ?ジョブはなんだったのかとてもとても気になりますよね!アトリトゥトリとの縁はその頃戦友だったとかだったりするとものすごくものすごく楽しいなあと妄想が捗りますね!
きょうのはなし >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.