FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

Chevaux sortant de la mer
 フィリップス・コレクション展に行ってきました。
e0007222_8552549.jpg
 ドラクロワ作・海からあがる馬(1860年)。
 色彩がすごくキレイで、しばし立ち止まって目を止める。
 サロン系の画家にしては、ドラクロワってかなりアグレッシブだったんじゃないかしらん。火花が散るような筆致の躍動感が、アングルみたいな優等生的古典風完成度とは一線を画してる。つーか、異端な気がする。いや美術史よくしらないから、もしかしたら基本中の常識ぷーなのかもしれないけど。

 騎乗するという行為は、単なる移動手段の高速化ではない。
 猛る生命力を、さらなる生命力で押さえつけ支配する行為なのだ、
 というのが画面から溢れて伝わってくる。
 力と力のぶつかり合いのもとに、
 あるいは協同への信頼関係が生まれるかもしれない。
 でも、まずあるのは支配。そして、制覇。
 騎乗とは、人が動物の上に主として、王として君臨する
 野蛮で、勇ましく、時として危険なほどの行為で、
 だからこそ その力のぶつかり合いに、醍醐味があるのではないか。
 それが全くない、
 単なる「自分の足が速くなる装置」と堕してるチョコボはだめぽ。

 ・・・とか美術館で考えてる私はもうだめぽ orz
[PR]
by miyapin-rdm | 2006-03-10 22:49 | ほか。  | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : http://miyapinrdm.exblog.jp/tb/2975019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from エルミタージュジャパン公.. at 2006-03-15 19:33
タイトル : エルミタージュジャパン公式サイト
私共"エルミタージュジャパン" http://hermitage-japan.com/ では、ロシア国立エルミタージュ美術館の優れた芸術コンテンツや 美術館内の様々な情報を日本へ向けて発信し、エルミタージュ美術館 とみなさまとをつなぐ日本公式サイトを運営しております。 まだ立ち上がったばかりのサイトですが、今後も当サイトならではの 情報を更新すべく、ロシアスタッフと共に鋭意執筆中ですので、この 機会に是非お立ち寄り下さい。 ... more
Commented by at 2006-03-13 12:26 x
>単なる「自分の足が速くなる装置」と堕してるチョコボはだめぽ。
こう、まだまだフィールドで絡まれるLvでさ
チョコボがいきなり暴走して振り落とされる仕様になったいいかも!w
フェローと同じで、信頼度上げないとダメとかね^^
Commented by ふぁびねこ at 2006-03-13 17:56 x
絵画の知識は全然無いけど、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」だけは
カッコよくて大好きなので、卒業旅行で行ったルーブルで見ました!
絵画の話してるミヤさんって、FFの時と全然ちがうねw
Commented by miyapin-rdm at 2006-03-14 19:32
***Res***

pたん>
 まぁFFのなかでは「移動手段が高速化すること」が第一目的なんだろうけど、
 チョコボレースとかには暴れチョコボを操るロデオな要素とかがはいると
 おもしろくなりそーだよね〜(´∀`*)
 ・・・なんて言いつつ、そんな仕様が実装されても
 アクションゲームからきしな私は実は絶対チャレンジしそうにないけれどw

ふぁびさん>
 どもー!こないだはすれ違いで残念でしたー(´∀`)ノシ
  『民衆を・・・』もいいよね!でっかいし迫力ぅぅぅ。
 私は『サルダナパールの死』も好きでっす!
 でもほんとは20世紀初頭近代絵画のが好きでっす!
 FFのときとちがうというか、あんなのが人狼のときだけなんだYO lollollol
 ・・・と言ってもいまさら誰も信じてくれない不具合。
Commented by saji at 2006-03-15 18:33 x
美術史だいきらーいwwwwwwww
ついでに博物館学もきらーーいwwwwww
まあ、そんな学生でした・・・。
あ、解剖学はスキw筋肉ハァハァ。

真面目な話をすると、ドラクロアはムーランルージュ描いたのが好きです。もっと真面目に話すとロートレックの方が好きです。
決してムーランルージュが好きなわkうわっなにをあうぇrふじこpl@:
Commented by miyapin-rdm at 2006-03-16 02:49
ドラクロワなんてラストの後遺症ネタが書きたいがためだけの前ふりだったのに、エルミタージュオフィシャルからトラバが来てしまってどうしような件について。せっかくだから記念にとっておこうwww

さじさん>
 「キライ」ってことは美術史や博物館学を専攻してる学生だったのですな!
 まぁたしかに絵を見るのはおもろいけど学は別物やぁね(*´_ゝ`)
 ドラクロワってムーランルージュ描いてたの?!知らなかったぁあ見てみたい!
 ロートレックは私もわりと好きだけど、彼の描く女性はおばちゃんで萌えませnわkうわっなにをあうぇrふじこpl@
Commented by saji at 2006-03-16 18:13 x
もちつけwウジェーヌ・ドラクロワじゃなくミッシェル・ドラクロワだw
シルクスクリーン版画で詐欺とかたまにあるヤツだのうw
まあ、ムーランルージュふじこが言いたかっただけぽい。。。

おふざけが過ぎたお詫びにロートレックに関して少々。
彼の描くおばちゃんや醜い女は全部ほとんどがムーランルージュのダンサー。
トップスターもいて写真だと超絶美形だったりするのだ。
風刺やディフォルメの利いた彼の絵が示すものは
夜に華麗に踊る女達のしたたかさ、強さ、欺瞞、虚飾、といった内面だったらしい。

ちなみにロートレックは貴族。いいとこのボンボンがケガでいろいろあって
夜遊びを覚えてダラダラした生活の中ムーランルージュに通いつめ娼婦という生涯のモチーフを見つけたらしい。

まあ、今で言うニートだなw
Commented by miyapin-rdm at 2006-03-16 18:44
【なるほど。】そっちのドラクロワは知らなかったやー(ノ∀`)
年代的におかしぃとは思ったのよねw ないだろまだムーランルージュ!てww

20世紀初頭のムーランルージュはステージ上の踊り子とホールの客引き娼婦という二つの花形女性職業から成り立ってる娯楽で、ロートレックの絵はどっちかっつーと後者のイメージが強い。ネタノリのまま萌えないって書いたけど、萌とは別のカコヨサを感じるよwww まさに欺瞞、虚飾、でも強さ、したたかさ、だね。

ディレッタントも好きです。そんな風に生きてみたい(*´_ゝ`)【ください。】【くれませんか。】
<< すらいまーすらいまー 赤魔導士に50の質問 >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.