FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

Après un rêve
 ※また例の創作です。
 ※ウィンダスミッションの物語に関係してますが、
  ネタバレというほどのものはないんじゃないかと思います。
  けど、内容もないんじゃないかと思うのですがどうしようもないですね。
 ※まぁその、ごめん。


     ★ Après un rêve ★






 ぎゃーごめんなさい!
 何十年前の少女漫画だよってなクッサいのを書いてしまいました orz
 ・・・でも、この二人の場合必ずしも恋愛物語というわけではないと思うんですがねぇ。そこまで出せればいいのだが orz

 ルクスス院長も好きです。
 街のひとびとが騒ぐほどの美貌と魅力の持ち主らしいけど、そんな外面的なことだけじゃなく、秘めたる思いの深さも、それを支える意志の強さも、何気ない言葉や立ち居振る舞いからじんわりとにじみでてて素敵だなぁと思います。
 ・・・って数回しか会ったことないから全然イメージ違うのかもしんないけど。そしたらごぬんね。
 イルクイル氏も然り。ほとんど情報ないから、イメージとか勝手に作ってるかもしんないけど。ごぬんね。しかも、イルクイル氏の専門「考古学」とかって勢いで書いちゃったけど、ミッションのなかでは彼は「生物学者」だったと語られてたよーな・・・・うーんと・・・その・・・そう!古生物学研究ってことで!テキトーにゆるちて。


 ルクスス院長に限らず、ウィンタル女性は、
 周りに甘えて寄りかかったりしないで
 自分の足でまずしっかり立っている芯の強さを持った人が多くてすごく憧れます。
 なりたい理想のひとつの形。
 例の怖い人や件のむちゃくちゃな人も含めて。いやマジで。

ところで。

 秘石調査隊に参加したイルクイル氏がルクスス院長の恩師だったっていうのは公式設定なわけですが、秘石調査って20年前のクリスタル戦争よりもさらに5年くらい前なわけで、そのころすでに弟子入りしてたルクススさんってどう少なく見積もってm


 あ、ああ そうそう!えーっと、
 国中の噂の麗人、ルクスス院長の魅力は、「なんといってもあのなんともいえないいい匂い!」なんだそーですよ。どっかのガードのタルがいってました。どんな匂いなんでしょうねぇ。素敵ですねぇやっぱり。ねえ?

 
 ちなみに実はこの話、
 当初はジュノのカカシクエのパンタ君とトゥーちゃんのペアで思いついたものでした。
 それが何故かこんなことに。不思議ですね。(どうでもいいよ)
[PR]
by miyapin-rdm | 2005-10-30 20:09 | 書庫   | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://miyapinrdm.exblog.jp/tb/1663317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さしゅ at 2005-10-31 00:01 x
あーなるほど,そのいい匂いっていうのが……ってことですね。
人より3倍FFXIを楽しめるみやさんがうらやましいww
Commented by p@会社w at 2005-10-31 12:47 x
妄想おつ~^^
確かにウィンの女性ってしっかりしてるよね~
かわいげげがないって言えばそうなのかもしれないけど、実は心の奥底で・・・・ってのもあるしね^^
オレもこういう女性たち、大好きです^^
・・・・そこ、お前はそうでない女性も好きだろ?って突っ込まないようにw
Commented by miyapin-rdm at 2005-11-01 11:37
***Res***

さしゅさん>
 読んでくれてありがとうー(´∀`*)
 物語の醍醐味は、本筋としてみえたことの背景とか、サイドストーリーとかが
 果てしなく広がることだと思うのですよ。
 そういう意味でヴァナはほんと上質の物語だと思います。
 まぁ何が言いたいかって「妄想最高」ってことです(´∀`)b

pさん>
 ありり〜w
 そうそうその、「実は心の奥底で・・・」熱いってのがイイんだよね!
 もちろん、奥まで真っ黒なシャントット様や底までどろどろの神子様も
 それはそれでとってもステキだと思いますってうわなにをするきさまらー!
Commented by ひ~ほ~♪ at 2005-11-01 22:55 x
いいねー、オレもこう言う乙女心を描きたいが無理っぽいなw
わかんねーもん(*´∇`*)
だから、すぐ女に捨てられるんだよ!
Commented by miyapin-rdm at 2005-11-03 22:49
ひ〜ほ〜さんコメントありがとですー(´∀`*)
乙女心であり、研究への熱意と野心であり、師匠への尊敬であり、目的を共有する者への信頼とライバル心であり、ぜんぶひっくるめた若さの情熱であり・・・みたいな複雑な感情がおもしろいと思うんですよねー。複雑にからまったものを描くのは難しいけど orz 
女心なんてわかんなくたってダイジョーブ!漢(おとこ)の世界にはそんなものは必要ないって昔のジャンプとかに書いてありました!!
Commented by miyapin-rdm at 2005-11-03 22:49
あとがき追記:このお話を書いたときに頭にあったメインテーマ(?)は、実は研究者の情熱と病だったんす。人から浮こうが何かを失おうが自分を傷つけようが、とめることができない真実への好奇心。いろんな気持ちに揺れようと、結局最後はそれが一番勝ってしまう、みたいな。ええ、描けませんでしたけど。悲劇だとも思うし、なりたい憧れ、というのはこれのことでもあるんですよなー。
Commented by Fabineko at 2006-05-20 20:09
全米は泣かなかったけど、私ちょっと涙ぐんじゃった。
「君がこんなに優~」から涙腺ピンポイント爆撃ですよ!
たまたま「書庫」選んで、読み始めて、
金髪の髪+お団子とかココロオドル キーワードが最初書かれてたので
「まさか、このファビネコに許可なく、団子金髪タルの官能小説でも書いt」
とか思って急いで読んでみたんですけど・・いいですよミヤさん!
女性独白体ってスゴイ好きです。
Commented by miyapin-rdm at 2006-05-22 07:21
にゃー こんな昔の記事にコメントが!
読んでくれてありがとうですよ!

そうなのよねぇ、ウィンダス1の美姫と名高いルクスス院長が
 団 子 金 髪 タ ル な 不 具 合

これ書いてた頃と今では団子金髪タルのイメージが随分かわりました^^^^

女性独白体は書いててこっぱずしかったです。でもまたいつかやりたい。
<< スキルあげ・3 〜タル♂だよ!... 30秒でわかるウィンダスミッシ... >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.