FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

将と墓標と
e0007222_16432025.jpg
ノーフューチャー!?


 さて久々にやってきましたサンドリア。



 現代サンドで軍関係者に聞き込みせよとの流れだけれど、
 そう言われてピン!とくるほどサンドのNPCは知らないんだなあ。

 エグセは、、、
e0007222_16475546.jpg
当時も軍の端くれに参加してたとはいえ、
まだちっちゃかったし会戦のことはそんな知らないよね。

そういやハルヴァーも軍関係者だっけか!
e0007222_16493525.jpg
「ここはドラギーユ城だ。
王族が生活する場所でもある。
静粛に、粗相のないようにな。」

うん、使えないな!


 私の知るサンド軍関係者の候補が早速尽きてしまったので、なにはともあれ基本に返る。RPGで聞き込みといったら酒場だろう!

向かった獅子の泉では
e0007222_1654553.jpg
  「いらっしゃい!レストラン『獅子の泉』でございます。
   当店一番人気のアクアムスルムはいかがですか?
   なんと、ウチの店主は
   あのノルバレン防衛線の英雄バルデロト様ですよ。
   あやかりたい方も、是非、お立ちよりください。」


おおお、あたりだ!!!!
e0007222_1657654.jpg
・・・と思わせといて、収穫なし。


 店主さん「この事件もこれで終わりのようじゃな。お前さんのおかげでいろいろと楽しませてもらえた。」って何年言ってるんだ!楽しみすぎでしょうクエ一個でどんだけ長い間楽しみ反芻してるんですか何回回想見てるんですか!(お前がいうな)
 あとアクアムスルム何年切らしてるんだ!ちゃんと営業しテ!


 まあその後も毎度の如く迷走しまくって
e0007222_172929.jpg
 ボストーニュまで捜索した結果が冒頭のノーフューチャー。
 ノーフューチャーじゃなくてノーパースト!ノー情報アバウトパーストだよ!!!


で、結局答えは
e0007222_173026.jpg
門から入らないとダメだったようです。
ちなみに西ロンフォの門からはいってダメだったあとです。

e0007222_22115485.jpg
やっとなんかイベント起きて


  Lilisette : 大戦当時を知ってる人・・・
   そうね、ジュノ攻防戦でお世話になった
   ハルヴァーさんとかどうかしら・・・?
 

 結局ハルヴァーかよ!
 さっき行ったときに教えてくれよ使えないな!
 だがまあ、聞き込み対象がハルヴァーというのは納得。歴史好きの設定が活きたってわけd
e0007222_1752552.jpg
「バタリア丘陵のラジュリーズ殿の墓標に、
熱心に通っている男がいたな。
あれは誰なのだろうな・・・・・・
その者に聞いてみては如何かな。」

アドヴァイスとくに歴史関係なかった。
ハルヴァーの設定も使えないな!


*****


 リリゼットとともに、バタリアを訪れる。
e0007222_17113955.jpg
  「・・・Miyapin、知ってる? 
   ここら一面にある墓標は
   水晶大戦で亡くなった人たちのものなのよ。」


 え、知らなかった。

 ずっと煙突だとおもってt
 だ、だって古墳のなか燭台あるじゃん煙こもるじゃん!!!


 ・・・知らなかったから、気づかなかった。
 古墳の丘を覆う、一面の柱の意味に。
 暗い空の下。名のある死だけでも、こんなにたくさん。

 目の前の風景が、これまでと違ったものみたいに迫る。

 と、現れたのは
e0007222_1716351.jpg
「・・・・・誰だ? おや、ひょっとして・・・・・」

e0007222_17172457.jpg
「こりゃ驚いた。娘さんかい?」


 は、花束かついだイケガルカーッッッ!!!!!!
 って、この人って

e0007222_17184762.jpg
(ねえ、Miyapin。この人って、あの、リリスたちの・・・?)


 ですよねー この、禿ガルの粗暴なワイルド感を洗練された超絶おサレ着こなしにスタイリッシュに包み込んで漢(をとこ)と粋とを神業のレベルで融合させた珠玉のイケガルカっぷりあのガルカさん以外にはそうそう見られませんよねやーいいなやっぱりかっこいいな黒くなくてもかっこいいな眼福眼福

 と脳髄だけあらぬ世界に旅立っている間になんか重要な話がすすんでました。

e0007222_17315460.jpg
  「・・・んー。そうだなあ。ああ、そうだそうだ。あれ・・・・・
   ありゃあ、何だったんだろうなあ。」


  「ああ、今思い出したぜ。
   オレらの隊でズヴァール城を包囲し、本丸へ吶喊した時だ。」


  「ふと見上げると、上空に大きな雲が、浮かんでいた・・・
    いや、雲じゃねえな。何だ、星か・・・?」

e0007222_17334186.jpg

  「どれくらい経ったろうな。
   全員がふと我に返ると、あたりの敵は一掃されていて・・・
   オレの傍らにいたラジュリーズ殿は真っ青な顔をされていた。」


  「そういえば、大戦後に、たまたまラジュリーズ殿に会ったときに
   ぽつりと漏らしていたよ。
   『あの時、いずれ死を選ぶことになろうが、
   闇の力に屈しなかった自分を誇っている』、とな。」

e0007222_22123953.jpg

 ・・・闇の力に屈しなかった、か。

 なるほど、そこに分岐があったんだ。
 ラジュリーズがあちらの世界の誘惑を退けた先に、いまこちら側の我々がいる。


  そう思うと。


 あちらの未来につながるラジュリーズは、闇の選択をした。
 そして、その隣で戦っていた彼は、ラジュリーズに心酔していたからこそ、リリスの忠実な僕になった。

e0007222_1737888.jpg

 あちらの世界のガルカさんの思いを考えると、胸がちりつく。


  「何か困ったことがあったらいつでも相談にのるよ。
   オレがラジュリーズ殿に世話になった、せめてもの恩返しだ。」


 そう言いのこしてガルカさんは去った。


 敵だよ。
 同じラーゾスという名のガルカでも、あちらの世界の彼は、敵。

 でも、それが正しいのかどうかわからない。

 たぶん、敵である彼も、今目の前にいる彼と、想いは同じ。


::::


 過去世界にて、エルディームを訪れた。
e0007222_2213970.jpg
 ラジュリーズの墓標も、そのほかの墓標も、まだなにもない。

 私が守ろうとしている未来では、
 ここにあの沢山の塔が建つ。


  その光景が、正しいのだろうか。


 ・・・わからない。
 過去に来てから、迷うことばかりだ。
[PR]
by miyapin-rdm | 2016-04-19 17:43 | みやぴん | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://miyapinrdm.exblog.jp/tb/24315154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふげん at 2016-04-19 23:56 x
嗚呼、過去は良い…ほんとに過去はよいなあ…。このシーン、完結後に見ると また違った感慨がわくなぁ…。いろいろ語りたいところを みやぴんさんが冒険し終わるまで グッとがまんのみまもりくん。ウィンダス編を完結したら、ぜひともバスとサンドの過去も冒険してみてください。憎悪と岩石の国も、高慢な城塞の国も、きっとウィンダス同様好きになるはずです。
Commented by miyapin-rdm at 2016-04-20 22:03
ふげんさん>
 過去に関するみなさんの思い入れの深さをひしひしと感じるこの頃です。魔法人形みまもりくんありがとうございます!ほんと、なんかもうどうにもじれったくてみとどけくんする前にみはなしくんされてもおかしくないほど牛歩で遅々として進まぬのが古代からの仕様な私の冒険ですが、じっくり味わいつつ頑張ろうと思います!よろしくお願いします!
 ウィンダスと同様好きに・・・なったら私の日常生活が今以上に大変な障害に見舞われますが、過去ミッション本編がこの先で詰まってるので、その隙に他国の過去クエも挑戦してみようとは思ってます!
 でもやっぱりひどいこと書いたらごぬんなさい(/ω\*)
<< 決戦、ザルカバード 会戦前夜 >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.