FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

『雪原を朱に染めて』──Act.1
エグセミニル。
e0007222_2312665.jpg
ついこんがらがってエグゼとかエクゼとか適当に呼んじゃうけど


 Excenmilleって、xが濁ってceは濁らないから「エグセ」が正解なんだよね。
 よしよし、覚えようって何度も確認するんだけどすぐ忘れてまた間違える。

 ・・・って書きながら今あらためて綴りちゃんと見たら「nmille」って。
 「エグセンミル」じゃん!「ニ」ってどこからきたんだよ!!

 サンド語はほんとわからん。




*****

終幕は、誰にでもやってくる。
e0007222_23133899.jpg
それがいくら唐突であっけなくても、
どんな英雄だろうと貴人だろうと、文句を言うことはできない。

e0007222_23141757.jpg
託された祈りと使命。

e0007222_2318231.jpg
少年は、自分の物語の主人公から

e0007222_2318304.jpg
はるかに重いものを背負う、一人の男になる。



e0007222_2326483.jpg
 ・・・と張り詰めた気持ちで見守ってたらなんか始まりました。


  Jayramus:くそっ・・・!聞けい、赤鹿の騎士たちよ!
   ご遺言により、このジェラムス
   お館様に代わり、我が隊の指揮を執る!
   剣を持てる者は我に続け!
   お館様の大恩に報い、弔い戦をなすチャンスは、今をおいてない!


 って エエエエ!!?

 今!たった今そのお館さまが「弔い不要。骸は捨て置け」って理にかなったカッコイイ遺言のこしてくれたところじゃん何そのいきなり感情任せの命令違反!!? 


  Excenmille:おい、ジェラムス、バカなマネはよせ!
   兵は傷つき、疲れている。
   敵の陣に攻撃をかけるなんて無謀すぎるぞ。


 言ったぁー!エグセよく言った!
 子どもに諭されるってホントちょっとどうなのジェラムスさn
e0007222_23274025.jpg
  Jayramus:ハッ。
   らしくありませんなぁ、若様。
   お教えしましょう。戦とは水物。兵力差がすべてではありません。


 じゃないよ!!お教えしましょう、お前が「ハッ」だ( ゚д゚)


  Jayramus:それに、この怒りこそが
   我ら騎士を一丸とし、配下の兵の恐怖を払う。
   お館様の仇を討つ好機、今をおいてない!
   それとも、若様・・・まさか、怖気づかれたので?


 わぁああ でたー 根・性・論
 一丸となって総玉砕フラグ待ったなしだよ!一番最悪なパターンだよ!
 ほんとダメだえるヴぁーんINT低い


  Excenmille:・・・・・・ああ、怖いとも。


 !!?


  Excenmille:ここで、お前らを犬死にさせたら、
   オレがあの世で親父にはっ倒されるんだからな!


 「恐怖」を口にできる、覚悟と強さ。
 大局を見据えた冷静な判断。
 い、INTの高そうな発言!をしてるえるヴぁーんが!!
 子ども、しかも エ グ セ ミ ニ ル だなんてー!!!!
e0007222_23392244.jpg
  Excenmille:Miyapin!
   すまないが今から、鉄羊騎士隊の陣へ
   伝令を頼みたい。いいか?

 
 うーんおかしい、エグセ隙がなくかっこいい!
 INTとCHRが輝いてます。
 ほんとなんでこれが長ずるにしたがってただの無礼な脳筋になってしまうのか


*****


 鉄羊騎士隊の陣へ行ったらラーアルたちもいました。
e0007222_2346153.jpg
 ビスティヨ作戦本部長ー!戦車ここまで乗って来たのかwww
 その車輪でラングモント峠越えとか大仕事だったろうに。

  Cyranuce:わくわくしてきたよ。
   俺たち、ついにエグセニミルと肩を並べて、
   戦場で立てるんだな。

  Rahal:ああ・・・やっと、僕たちも。

 少年たちの再会も、間近。

 で赤鹿の陣に取って返したら
e0007222_2351683.jpg
  Excenmille:実はまずいことになった。
   ジェラムスたちに遠回しに作戦を説明してたんだが
   途中で席を立ち、出撃してしまって・・・・・・すまん。


 あああぁあもうえるヴぁーんINTばか!!!


*****

e0007222_2354037.jpg
地下空洞に潜み、オーク陣営の隙を観察するサンド軍。

e0007222_23555650.jpg
・・・のなかのフィリユーレwwww
なにそのポーズwwwグラビアかwwwww


なんて腹筋してたら不測の事態であれよあれよという間に
e0007222_23582592.jpg
  Phillieulais:私はサンドリア王国近衛騎士のフィリユーレ・S・デュフォン。
   是非、ドッグヴデッグ殿と手合わせ願いたい。

  Voshekglok:ぶ・・・ぶははッ!
   やはり、ばがだな、ぎざま。
   みみながごとぎが、ドッグヴデッグさまに・・・・・

e0007222_23572176.jpg
  Kingslayer Doggvdegg:・・・近衛騎士だと?
   おもしろい!その勝負、受けてやろう!
   がっかりさせてくれるなよ?


 戦闘開始ーッ!!!
 必要もない一騎打ちを正々堂々受けてくれるドッグヴデック様かっこいい!

のはもちろんなんだけど
e0007222_021068.jpg
お、おお・・・

e0007222_031147.jpg
おおお・・・

e0007222_03325.jpg
フ ィ リ ユ ー レ も か っ こ い い っ !!


 ドッグヴデック様と対等なくらい見せつけてくれました。
 近衛隊のくせに煩悩でアルテニアについてきただけのヒョロい兄ちゃんだと思ってたのに!おみそれ!すまんかった!


  Kingslayer Doggvdegg:グハハ・・・・どうした?
   こんな腕で、よく近衛騎士が務まるものよ。
   この分なら今の王デスティンも、殺すのは簡単そうだ。

 って剣戟しながらも相手の挑発忘れないうえにしっかり王殺しの功績自慢もアッピルするドッグヴデック様外道っぷりかっこいい。


  Kingslayer Doggvdegg:それから、その世継ぎも屠ってやる。
   確か、トリ・・・そう、トリオン王子だ!
   先日捕らえた乳母が、命乞いしながら吐いたぞ。

 ってちゃんと世継ぎの名前リサーチ&メモリーしてるドッグヴデック様王室マニアっぷりかわいい。


なんて暢気に見守ってただけなのがいけななかったのか
e0007222_09617.jpg
アッー!!!


 ・・・て、なんでフィリユーレ犠牲になるまえに全軍突撃しなかったの?
 様子見はキングスレイヤーでてきた時点まででよかったような気がするんですが。
 まあとりあえず
e0007222_0113970.jpg
  Kingslayer Doggvdegg:ガハハハ・・・オレサマの慈悲に感謝しろ!

 ってちゃんと介錯してくれるドッグヴデック様敵にも情けありでかこいい。

 ジュノでの講和調印式のときもそうだったけど
 オークってけっこう騎士道篤いよね。
 みみながより【正々堂々】なんじゃないかしらん。


 ともあれ、ついに始まる両軍入り乱れての混戦のなか
e0007222_014638.jpg
  Excenmille:ドッグヴデッグ!貴様だけは許さん!

 きた!エグセとドッグヴデック様との対決!!
 これまで何度もニアミスし実現できずにきた『敵討ち』が
 二重の意味を帯びてついにここで!!熱い!!!!
 そして


  Kingslayer Doggvdegg:小僧、この奇襲、キサマの策だな?
   その用兵の才だけは認めてやろう。

 って情報ゼロなのにこの作戦の立案者を見抜いちゃうドッグヴデック様慧眼すぎ素敵。



 で、突入ですよ!
e0007222_0184936.jpg
 20年前の祖国の危機を救うべく烈火の如くテンションあがって高いとこにもあがっちゃってるお世継ぎ王子。のほかに、せっかくなので大エグセも呼び出してみました。とりあえずこの面子でいってみましょー

e0007222_0242142.jpg
って
e0007222_023466.png
なにしてくれんの!?



 そんな子エグセはHP常に@1mmキープのギリギリでがんばってまして
 あわれBF中ケアルしかできない竜騎士(me)がここにいた。

 HP@1mmのわりに子エグセ結構生き残ってたけど。
 ていうかこっち全滅するまで生き残ってたけど。

 ちなみにこの1回目挑戦時(数ヶ月前)のうちのPTでは
 アプルルたん>院長>とりおん>私と
 ヒーリングに貢献してる順におちて
 さいごまで生き残ってたのは被ダメ最大記録保持者の大エグセでした。


 ああほんとおまえらは全くよ(# ゚д゚)!!!!
e0007222_1114569.jpg
New Challengeへつづく。

[PR]
by miyapin-rdm | 2016-09-04 00:38 | みやぴん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://miyapinrdm.exblog.jp/tb/24635749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『雪原を朱に染めて』──Act.2 そしてさらに北の国から >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.