FFXI:現在休止中の赤魔道士みやぴんのオノレのための妄想と回顧の記録。攻略等の役に立つ情報は何一つありません。
by miyapin-rdm

Profile

FFXI総合

↓バナー。リンクどフリー↓


↑ 目の院 ↑


Profile

Profile

ある地図職人の足跡
e0007222_7342960.jpg
 タルタルサッシュ100000HITs記念・ビスブロ☆プロジェクトへのオマージュ。
 さしゅさんいつもありがとう。
 そしてこれからもどうぞよろしく。



 石碑を巡るのが好きだ。
 その土地を、はじめて訪れた人の感動。彼を、あるいは歓待し、あるいは驚愕させ、あるいは追い払った『世界』。その土地に確かに存在する、ひとつひとつの物語を読むのがとても好きだ。今日も彼の作った地図を手に、新しい石碑のある『世界』を目指す。

 石碑はいつも、私がたどり着いたときにはすでにそこにあった。
 古くから伝わるおとぎ話と同じ。魅力的で新鮮ではあるけれど、昔からあたり前のようにそこにあるもの。それを作った人というのもあたり前のように昔話のひとつ。地図になる前の足跡のことなんて、考えたこともなかった。


 ある日、私は石碑のない土地に着いた。
 新しい世界。私のはじめて見る世界。その驚きと、わくわくと、ほんのささいな感動をいつまでも自分が忘れないように、いつでもふり返れるように。見よう見まねで、自分だけの石碑を建てた。満足する。ちょっと離れて出来上がりを眺めてみる。次の日、また少し物語を書き足す。そんなことが楽しくて、いつまでも飽きずにひとり遊んでいた。


 新しい土地は、どこか先へ続いていた。
 でも、道は見えない。たぶん、まだないのだろう。
 私は進まなかった。
 自分の石碑だけで満足していたから。


 ある日、彼の姿を見た。
 「地図をつくっているんですよ。」
 少し離れたところで、誰かと話している。
 私はそれを遠くから眺めていた。


 彼の言う『地図』をそっとのぞいてみた。
 それはまだほとんど真っ白な一枚の紙。小さな点がいくつかうたれていた。
 私の知らない場所にうたれた点。しらなかった点。
 そのバラバラの一粒が、彼が描く一筆で、線につながる。


 少しずつ、白い紙の上に世界の形がみえはじめた。
 ちょっとおもしろくて、私はときどき、それをのぞきに行く。
 たまに、その線にそって、少しだけ歩いてみる。
 でも、広すぎて。遠くがかすんで、どこまで続くのか見えなくて。
 すぐに歩くのをやめてしまう。
 どうも私に、この世界は広すぎる。


  「いいんですよ、それで。」

 ふと顔をあげると、彼が笑っていた。
 いつのまにか、遠くからのぞきこんでいた私に気づいたのだろうか。

 「地図を手にして、世界が見えたとしても、無理に旅をしなくてもいい。
  私が点をつなぐのは、ただ世界の形を残したいだけ。
  いつか誰かが、旅をしたいと思ったときに道しるべになるように。
  そのいつかが、どこかであれば。それだけでいいんです。」

 彼はそういって、私の石碑をその地図に書き込んだ。
 ぽつんと、白い紙の上に一粒の点。
 ほんとうに、一筆おいただけ。
 でも、それだけで地図は広がった。
 世界の形のなかに、私がつながった。


 彼の地図を、日々、眺める。
 ときどきは、小さな点を少したどってみる。
 私の知らなかった新しい石碑。物語を記したそれぞれの世界。
 やっぱり元来出不精だから、全部まわったわけではない。
 自分の世界に座って、遠くをぼーっと眺めているだけのほうがずっと多いけど。

 でも、それでいいんだ。
 彼が言っていたから。
 彼の描く、地図があるから。
 この世界の形はみんなが知っている。
 いつか旅にでたいと思えば、誰にでも、道しるべがあるから。
[PR]
by miyapin-rdm | 2006-04-16 07:34 | 『みんなの美術』 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : https://miyapinrdm.exblog.jp/tb/3234731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from タルタルサッシュ at 2006-04-16 10:16
タイトル : 10万HITに感謝( ̄▽ ̄〃
一周年を祝ったばかりですし,自分で記事は書かないつもりだったのですが。 みやさんが,素敵なお祝い記事を書いてくださったので,そのお知らせと。 ▽みやさん画 ※縮小版です... more
Commented by さしゅ at 2006-04-16 08:58 x
みやさん,どうもありがとう。
みやさんにしかできない,最高のお祝いです。
もちろん,これからもよろしく。
Commented by Ernest at 2006-04-16 18:06 x
おぉ、いい味でてるね^^
物語のくだりもサイコー!
情景が浮かんでくるようだ♪
Commented by 小花 at 2006-04-17 01:30 x
一つ一つの点々がつながって 段々地図になってったのは
さしゅさんが作った 【ビスブロ石碑地図】 だね~ ( 〃ー〃 )


Commented by miyapin-rdm at 2006-04-17 06:09
***Res***

さしゅさん>
 ありがとう、そしておめでとうでっす(*´∀`)
 実はこれ、その昔さしゅさんが「ビスブロ☆物語」提唱したときに考えたもの。
 ブロガー同志のつながりを大事にするさしゅさんのビスブロ観とは
 ホントはちょっと違うような気もするんですが、
 私なりのプロジェクトへのオマージュってことで許してくださいませ。
 さしゅさんの作ってくれたリンクは、ブログもコメントも書かない無名の一読者さんのための地図としても大きいと思うのですよ〜。

アネさん>
 ありがとー!
 長々とくっさいこと書いてしまってちょと恥ずかしかった(/ω\)
 コメントもらえてほっとしましたw

小花ちゃん>
 うんうん!そーいうイメージで書きました(´∀`)b
 わかってくれてありがと〜。
Commented by miyapin-rdm at 2006-04-17 06:14
ひとつ言い訳!
さしゅさんの髪色がグレーだということは重々承知してるんだけど、いや、塗り始めはいつもグレーなんだけど、できあがって気づくとなぜか青になっているという・・・どうしてでしょう妖精さん。
Commented by さしゅ at 2006-04-17 20:51 x
おぉ,なるほど。
髪の色には気づいてたけど,そういう色をつけたかったんだろうくらいに思ってましたw
妖精さんの仕業だったとは……!w
ビスブロ観とか,あまり難しいことは考えてませんよぉ( ̄▽ ̄;
自分が便利だと思って作ってるだけ~♪
<< reflections. 震えるぜハート! >>
 
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright (C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.